足の重要性4 ~あなたの足は何型?2~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、施術スタッフの齋藤です。

前回は「型」について軽くお話ししました。

足には大きく分けて3つの「型」があります。

①ギリシャ型→親指より人差し指の方が長い (狩猟民族)

先の細い靴が合うタイプ

欧米人に多いと言われています。足の型的に比較的

外反母趾になりにくいです。

靴先のカーブとつま先をしっかり合わせる事で自分に

合った靴が選べると思います。

②エジプト型→親指が一番長く、人差し指から順に短くなっている (遊牧民)

日本人に1番多いタイプ

日本人の約70%がこの型と言われています。色々なタイプの靴を

問題なく履ける足です。しかし歩行の際、靴先で圧迫され、

親指が小指側に反りやすく、外反母趾になりやすい

のが特徴なので靴選びで親指の圧迫感に注意するといいです。

③スクエア型→5本の指の長さが均等に近い長さになっている (農耕民族)

指の長さが揃った、四角いタイプ

日本人にはめずらしく、日本人の中では1割ほどしかいないと

言われています。

足の指の長さにほとんど差がない事が特徴です。

つま先と横幅のバランスがうまく取れず、

足指同士を圧迫してしまい、タコや魚の目ができやすく

なります。つま先が横に広がっている靴がオススメです。

ちなみに私はエジプト型でした!

エジプト型は鼻に負担が掛かる人が多いです。

ギリシャ型は目の悪い(疲れやすい)人が多いです。

長い指の方が歩行や運動時に靴の内部で圧力が

掛かるため、身体の繋がりの強い部分に症状が起きやすいと

言われています。

皆さんもまずは自分がどの「型」なのかを確認してみて下さい。

現状を知るのが健康への第一歩になります。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP