足の重要性5~3つのアーチとは?~

こんにちは、杉並区浜田山のビファイン鍼灸ラボ浜田山、施術スタッフの齋藤です。

前回は3つの足の「型」についてお伝えしました。

皆さん自分の足は見ましたか???

今回は足のアーチについて簡単にお伝えします。

まずアーチとは?

足のアーチとは土踏まずにあるドーム型の構造を言います。

人間が二足歩行で歩ける理由は、足にあるアーチ構造が発達しているからです。

このアーチ部分が身体を支えることによって歩くという動作ができます。

しかし、このアーチが下がることで足・膝・腰に様々な問題が生じてしまいます。

個人差はありますが3~4歳頃にはアーチが出来上がってくると言われています。

そしてアーチは3つあります

①内側縦アーチ

   足の内側縦方向の1番大きなアーチ。

   一般的に「土踏まず」と呼ばれる所です。

②外側縦アーチ

足の外側縦方向のアーチ。

外見上分かりにくい。小さくがしっかり

身体を支えている。

③横アーチ

中足骨部に存在するドーム型の横アーチ。

横アーチの機能が低下すると開帳足や

外反母趾の原因にもなります。

次回は3つのアーチの各役割など

を分かりやすくお伝えします!

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP