足の重要性7 ~ブカブカ靴の危険性について~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、施術スタッフの齋藤です。

やっと4月らしい春の陽気になってきたと思いきやまた寒さが

戻って来ましたね、、、、

さて今回のタイトルにもあるように

「ブカブカ靴の危険性」についてお伝えします。

皆さんご自分の正確な足のサイズ(靴のサイズではないですよ!)は知っていますか?

大体の方は26.5㎝位?だったり、23㎝位かなー?と言うと思います。

普段履いている靴が、足の変形や歪みを引き起こしている原因だという事は

認識していると思います。

最大の原因は足に合ってない靴を履いている事です。

多くの人が無意識に我慢(ファッション性重視)して窮屈な又はブカブカの靴を

履いています。

サイズが小さくて幅が狭い窮屈な靴では足の指は伸びないですし

指が自由に動かないのは本来のあり方から外れていて

理不尽極まりない事です。

逆にサイズがブカブカすぎる靴は、中で足が滑って前に押し出され

つま先は詰まって指が曲がってしまいます。

更にはとっさの動きに対応出来ない為、身体は自然と

緊張状態になり、足の指はずっと曲がったままになります。

特にハイヒールなんかは最悪ですね。

靴を売る側も買う側も責任があります。

靴は私達の生活の一部です。

大袈裟かもしれませんが、食の安全と同じように

靴の安全も考えないといけません。

今の日本の税金の8割は医療費に使われています。

大体40兆円くらいですかね?

千葉県の1年間の予算が約1兆円くらいなので

日本の1年間の医療費で千葉県は40年間分の予算が

賄える事になります。

さらには日本の医療費は年々増加していっています。

今後は保険分の自己負担額も増加するでしょう、、、

話が脱線しましたが自分の健康は自分で

守りましょう!という事です。

何事も土台を作ることからです。

そして身体の土台は足です。

皆さんまずはご自分の靴を見てみましょう!

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP