足の重要性 番外編 ~インソールの大切さ2~

こんにちは、杉並区浜田山のビファイン鍼灸ラボ浜田山、施術スタッフの齋藤です。

前回はインソールの大まかなタイプ

についてお伝えしました。

今回はもう少し掘り下げてお伝えしようと

思います。

おさらいですが

足底面の、拇趾球(第一中足骨頭)、小趾球(第五中足骨頭)、踵骨が姿勢保持の
支持点となり各アーチ(足弓)を形成しています。
各アーチは、足底腱膜などの靭帯によって距骨を台座として、身体を支えています。

アーチの機能としては

1衝撃吸収(姿勢保持)
2バネ効果(推進力)
3循環促進効果(第二の心臓)

です。

上記の事を踏まえた上で2種類のインソールについて

解説していきます。

・アーチサポート・フィット感重視系

特徴としては

■フィット感が高い

■土踏まずが盛り上がっている

■踵が上がっている

■インソールのクッション性が高い

■インソールに厚みがある

・自立型機能向上系

特徴としては

■ バランス保持機能Up

■ 運動能力の向上機能Up

■ 循環器の活性機能Up

両方の特徴を見比べてみると

アーチサポート系は自分の機能を使わずに

インソールの力に頼っています。

イメージとしては坂が辛いから電動自転車

を使うような。

ずっと使っていると足の筋肉は衰えますよね、、、、

機能向上系はインソール自体が

足裏の靭帯やアーチの位置

機能をしっかり鍛え、役割を

発揮してくれます。

皆様、何となく違いが分かりますでしょうか???

次回はアーチサポート系インソールの危険性

についてお伝えします。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP