令和初の全日本鍼灸大会in愛知 「女性のミカタ」に参加しました

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、施術スタッフの齋藤です。

5/10(金)~5/12(日)に全日本鍼灸学会が愛知県名古屋市で開催されました。

 

会場は名古屋国際会議場

かなり広く立地も交通の便もよく素晴らしい会場でした。

大会テーマは「女性のミカタ」でした。

近年産婦人科領域は鍼灸の分野でも盛んに研究、臨床

が行われてますし、メディアでも「鍼灸が効く!、逆子が返る、つわりが楽になるなどetc」

のような内容で番組が放送され、特集が組まれ関心が高まっています。

当院からは3人(施術スタッフ全員)が発表を行いました。

平原先生は「鍼灸施術に加えて心身に対する

セルフケアを加える事の有用性」について

平原先生自身、発表は2回目なのでかなり緊張していました。

(発表5分前の平原先生)                      (発表中の平原先生)

私、齋藤は「うつ病に対して鍼施術とセルフケアを行うことの有用性」について

(学会では普段会えない先生や先輩、同期、後輩に会える機会でもあります)

南波院長は

・鍼灸施術の質的研究セッションの座長

・うつ病に対する鍼灸および西洋医学、心理学の最先端情報のセミナーにおいて

鍼灸師の立場から世界で行われている研究の発表及びシンポジストとしてディスカッション

・鍼灸の研究方法を学会会員にレクチャーするファシリテーター(指導員)

・診療ガイドライン委員長として診療ガイドラインの現状と鍼灸専門の診療ガイドラインを

作成する構想についてをそれぞれ発表しました。

おまけで伊藤ゼミOB&OG会の様子です。

開催場所が名古屋だったこともあり、大会の参加人数も多く

中身の濃い活気あふれる学術大会となりました!

当院は、最新の医学情報を得る事でより良い施術を提供するべく

日々研鑽しております。休診させて頂き、誠にありがとうございました。

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP