満腹後の食事は老廃物になるか?食べて太るのは老廃物の蓄積?健康教室質疑応答②(美容と健康と消化)

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

またまた健康教室の質疑応答について記します。

一人が疑問に思っているという事は、多くの方も思っているだろうと思いシェアをさせて頂きます。

Q. 胃が小さいとお腹がいっぱいになったらその後食べた物は老廃物になっていくのか?

食べてたくさん太るのは老廃物が溜まった事によるものなのか?

A. お腹がいっぱいになった時点でもう消化機能の限界に達しているということなので、それ以降食べた物というのは栄養として吸収はされづらく、むしろ老廃物が溜まる要因となります。

一つの「基準」としてお腹がいっぱいになるというのがありますが、残念ながらこの「お腹がいっぱい」と言う感覚は狂うことがあります。

食べても食べても食べ足りない、

十分な量を食べたはずなのにまだお腹がすいている

と言うように、正常な感覚ではなくなってしまうことがあります。

このことに関しては、以前のブログでもお伝えしています。

https://hamadayama89.jp/blog/rouhaibutsutosyokuji%ef%bc%92/

次に、

たくさん食べて太るのは老廃物によるものなのかということですが、

たくさん食べることによって太る要因としては2つあると考えます。

一つ目は老廃物がたくさん溜まることによって起こるむくみによるものです。

老廃物がたくさん溜まると血管の浸透圧が変わることによって水分が血管の外に出てきます。

なめくじから水が外に出てくるようなものです。

結果的にそれがむくみにつながります、脚だったり顔だったり、腕や手にも。

そのむくみのせいで体重が増えます。

いわゆる水太りです。

もう一つの要因としては糖質と脂質があります。

糖質は体の中で変換されて脂肪になりますし、脂質ももちろん脂肪になります。

それが体の中に溜め込まれて脂肪細胞が大きくなることによっていわゆる「肥満」の状態になります。

これが体重が増える2つの要因で老廃物によるもの太るという状態は前者になります。

次回は、食べる量を減らすために簡易的に1つで〇〇個分の××みたいな食品で一日分の栄養を賄うのはどうか?という質問に対する回答を記します。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP