全日本鍼灸学会参加報告

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、施術スタッフの齋藤です。

平成30年6月2、3日の2日間で、全日本鍼灸学会学術大会が開催されました。

開催場所は大阪府でした!

今回はハイアットリージェンシー大阪と森ノ宮医療大学の2つの会場で行われました。

写真:森ノ宮医療大学前にて

写真2:企業ブースの風景

院長と施術スタッフの平原祥子先生が学会発表を致しました。

院長「うつ病における鍼治療の有効性の検討」

平原先生「主観的な健康観のズレが生活の質に及ぼす影響」

という演題で発表しました。

(発表前に緊張している平原先生)

(発表前練習をしている平原先生)

フロアーからも沢山の質問を頂き、中身のある発表となりました!

私は、院長がファシリテーターを務めている「鍼灸臨床研究トレーニング」に参加をし、研究の基礎である

「PICO、PECO」について学びました。大変勉強になりました!

(右から南波院長、平原先生、齋藤先生)

開催場所が大阪だったこともあり、大会の参加人数も多く

中身の濃い活気あふれる学術大会となりました!

当院は、最新の医学情報を得る事でより良い施術を提供するべく、日々研鑽しております。休診させて頂き、誠にありがとうございました。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP