こんなことで悩んでいませんか?

以下のうち2つ以上あてはまる場合は是非ご相談ください

  • やる気が起きない
  • でも何とかしたい気持ちはある
  • けどどうすれば良いか分からない
  • ドン底にいると思う
  • うつ病と診断された
  • 薬を使用しても改善しない
  • 薬を続ける事に不安がある
  • 昔うつ病だったけど、今も不安がある
  • 昔の元気な頃に戻りたい
  • 肩こりが強い
  • 元々冷え症
  • 自律神経失調症と言われたことがある
  • 線維筋痛症と診断を受けた

当院の丁寧な問診・検査・説明・施術ならばお力になれます

今まで受けて来なかった、初めての説明で腑に落ちたと評判です。

 当院と他院との違いは、原因を把握するためのプロセスだと強く言えます。

一般的な治療院では、うつ症状の原因を1つに特定する傾向があります。
例えば、
「腸と脳が関係しているから腸を良くしましょう」
とか
「ストレスが原因だからリラックスするツボに鍼をしましょう」
などです。

しかし、うつ症状は様々な原因が複雑に組み合わさり、
心身の状態はもちろんの事、環境要因、生活要因、食事等も影響します。
当院では詳しいヒアリング、身体全身を把握するためのボディチェックを通じて、
うつ症状と関連する「筋肉・関節・骨格・自律神経・血液・気持ち・思考」をトータルで評価します

前述の通り、
うつ症状の原因が一つであることはほとんどなく、
複数の要因が入り組んでいる事がほとんどですし、
産後うつや病気に伴うものなどうつ症状単独ではないことも多く見られます。

従って、多岐に渡る身体および生活面、思考面の把握がとても重要です。

当院の良い所は、鍼灸施術状態把握です。

鍼灸施術の長所を最大限に高める事で、

・緊張している筋肉を緩める効果が高い
・背骨からの神経の流れを良くするようにアプローチがしやすい
・自律神経の機能を高められる
・血液ドロドロの状態を良くする
・脳からセロトニンやドーパミンが出やすくする
・気持ち面がリラックスして副交感神経を高められる
などがあります。

また、状態把握としては

・東洋医学の知恵を活かして体質を把握する
・体質を知る事で生活で負担になっている要因を知る
・丁寧にお話を聞いて検査をする事で思考の影響を考慮する
・最先端の体質類推機器であるメタトロンを使用してより詳細に体質・要因を類推する
(メタトロンについて詳しくはこちらまで)
が他院とは違うなんば鍼灸院整骨院の強みとなっています。

当院では5万人以上の臨床経験と日々研究を行い続ける事によって、
これらの根本要因にアプローチが出来るようになりました。

他院ではもちろんの事、病院でも受けたことがないほど丁寧な問診を行い、
西洋医学と東洋医学の両面から身体を見捉える検査を行い、
専門用語を使わずに分かりやすいと評判の説明を行います。

結果的に施術を継続的に受けるモチベーションとなり、症状が改善することに繋がっています。

体験者の声の一部

40代 女性

心の不調に悩んでいる方の参考になればうれしいです。

保育園へ通う子供を1人持つ40代のワーキングマザーです。
仕事の過労による「うつ」で、半年間休職していました。
復職準備期間→復職→復職後を通して
南波先生の治療のおかげで順調に復職ができ、
現在は心身ともに安定し仕事ができています。

うつ状態が回復し復職が見えてきたタイミングで、
不眠・ひどい冷え、肩こりに悩まされ、なんば鍼灸院にお世話になりました。

うつ状態になった際、
心療内科のお世話にもなっていたのですが、
なるべく薬に頼らず東洋医学なアプローチで回復させたいと考えていました。

肩こりなどの体の不調もそうですが、
うつ特有の漠然とした不安やマイナス思考、集中力低下などもとても辛かったです。
先生のご指示にあわせ通院(週2回など)、
更にその時々の症状にあったセルフケア方法を実践しました。
(足湯・呼吸法・ストレッチなど先生がアドバイスしてくださいます。決して難しいものではありませんし、言われた通りにできなくても先生は注意したり否定しませんのでご安心ください。)

毎月1回の検診で今の体の状態を見て
どこまで回復し治療が進んでいるのか親切にわかりやすく説明してくれます。

説明を聞くと自分がどこまで回復しているのか理解できます。
登山の頂上を目指している途中で今、何合目にいるのかわかる感覚です。

また、先生は患者さんの声を真摯に聞いて決して否定的なことは言わず、寄り添ってくださいます。

元々、30代の頃から鍼灸院のお世話になっていたのですが、
引っ越しを繰り返すうちにどこの鍼灸院がよいのかわからなくなっていました。
駅の近くで通いやすく、外観から小さな子供にも理解のある治療院のようだ
という気軽な気持ちでなんば鍼灸院の扉を開けました。

子供も先生や受付の方、鍼灸院の雰囲気が大好きで一緒に行きたいと言ってくれます。
子供の名前をスタッフ皆さんで覚えてくださって毎回声をかけてくださいます。
南波先生、齋藤先生、受付の皆様に親子共々とてもお世話になりました。

今は体調が回復し鍼灸院の治療も卒業が近くなり、
うれしい気持ちと、寂しい気持ちが混じった感覚です。

治療を継続して受けるには時間や治療費がかかりますが
必ず回復に導いてくれる先生がいますので一歩踏み出してみてください。

今まで寄り添って下さり、色々ご支援ありがとうございました。

※個人の感想によるもので、効果を保証するものではありません。

30代 女性

5才、2才の二児の育児の中で、
発症した寒冷じんましん、腱鞘炎、肉体的・精神的疲労があり、
知人の紹介からなんば先生の鍼灸院で治療を始めました。

治療を始めて一番変化を感じたのは、精神的な疲れや落ち込みの改善です。
治療を受けた直後から精神的に楽になり、
継続して通う中で落ち込みやイライラがなくなりました。
じんましんも収まり、腱鞘炎も痛みが出ても長く続くことがなくなり、
回復力の改善を実感しました。

また、身体をよく診て頂き、不調の訴えもよく聞いて下さり、
日常生活の中で気をつけるべき点もアドバイスして頂けることがありがたいです。

小さい子供達を連れて行っても快く受け容れて頂けることが、通える大きな理由の一つです。

※個人の感想によるもので、効果を保証するものではありません。

50代 男性

私は仕事上の強いストレスから、うつ病と診断され2ケ月間休職し、自宅療養を行っていました。

抗うつ薬を服用しつつ週1回、心療内科の診察を受けていましたが、
2週間を過ぎた頃から「心身ともに健康になりたい」
という思いが強くなりました。

インターネットで鍼灸治療の効用について検索していたところ、当院を知りました。

最初に南波先生とじっくりお話をし、各種検査をしたうえで治療プランをたてて頂きました。
3ケ月間、鍼・指圧・吸い玉を行い1ケ月毎に再検査するという内容です。
当初1週間は、毎日通いました。吸い玉の後の背中が赤黒くなり、老廃物が沢山溜まっていることを実感しました。

施術中に先生から、体と心の関係、痛み、冷え予防、ストレスの処し方、
回復力等についてお話を伺うことが大変勉強になりました。

また、セルフケアの方法を分かり易く解説したペーパー(全14回)をいただき、家で実践してきました。

その後、治療頻度は3日に1回、週に1回となりましたが、復職に向けての意欲がだんだん高まりました。
心療内科の医師と相談したうえで、復職予定日を設定し、リハビリ(図書館に通う等)を始めました。

南波先生ともこの目標を共有し、治療を継続していき、無事復職することができました。
復職して2週間後の再検査で、卒業することができました。

2ケ月前の心身ともにどん底の状況からは本当に想像もできないことでした。

治療を受けながら、またセルフケアをしながら、
「自分はいつか治る」と信じ継続してきたことがよかったと思います。

うつ病は、本当に辛い病気ですが、この経験を通じて、
私は健康に対する考え方や生き方について見直すことができました。

最後になりましたが、南波先生をはじめスタッフの皆さんのサポートに心から感謝します。

※個人の感想によるもので、効果を保証するものではありません。


院長プロフィール

院長 南波利宗(なんば としむね)

地元浜田山に健康を広めたいと思い開業しました。

鍼灸師として15年、臨床経験は延べ5万名以上です。

卒業して初めの4年間はひたすら筋肉と骨格を中心に施術をしていました。
その後の7年間は自律神経への施術と日常生活の改善を指導していました。
11年間の修行で身体に関する症状はほとんど対応出来るようになりました。

しかし、それでも中々良くならない患者様が中にはいらっしゃいました。
「何でだろう?」と突き詰めていった所、感情や思考が原因になっている事が分かりました。
今では身体だけではなく、思考・感情面へ施術する事によってより対応出来る幅が増えました。

こころの面に関してはもちろんの事、多くの臨床経験から骨格、関節、内臓、自律神経、脳機能など
体質に関して的確な見立てを行えるようになりました。

画一的な治療・施術を受けてきたにもかかわらず根本的な変化が見られない方のお力になれるかと思います。
是非ご相談ください。

院長経歴

明治鍼灸大学鍼灸学部卒業(はり師・きゅう師免許取得)
帝京医学技術専門学校柔道整復学科卒業(柔道整復師免許取得)
明治国際医療大学大学院鍼灸学研究科修了(鍼灸学修士取得)
明治国際医療大学大学院研究生(鍼灸学博士論文作成中)

うつ病に関する研究業績

全日本鍼灸学会2018年学術大会 指定演題発表・討論
「うつ病に対する鍼治療の有用性の検討~システマティックレビューによる検討~」

全日本鍼灸学会2019年学術大会 セミナーここまでわかった鍼灸医学発表・討論
「うつ病に関する鍼灸治療の エビデンス紹介(RCTを中心として)」
「うつ病に対して鍼治療とセルフケアで改善した一症例~思考の変容~」(共同研究:当院スタッフ発表)

ご推薦のお声

業界での経験豊富な先生や著名な先生方よりご推薦のお言葉をいただいております。

「NHKあさイチ・ためしてガッテン・東洋医学ホントのチカラ出演、ターザン監修 慢性疼痛、セルフケアの専門家」伊藤和憲先生

京都桂川鍼灸院 院長 伊藤和憲先生明治国際医療大学 鍼灸学部 教授
学部長
明治国際医療大学 大学院 教授
研究科長
明治国際医療大学 京都桂川鍼灸院
院長

なんば鍼灸院整骨院院長の南波先生は、明治国際医療大学の大学院で痛みに関する研究を行い、鍼灸学修士を取得した痛みのスペシャリストです。

痛みは全ての病気に通じると言われるくらい様々な病気と関係が深く、幅広い知識がないと対応ができない難しい領域です。

そのため、鍼灸師の資格をもつ先生は沢山いますが、その中で痛みのスペシャリストとして修士号の学位を持つ鍼灸師は全国に数名しかいません。

近年の研究で「慢性痛」と言って、痛みの原因がなくなったにもかかわらず、患者さんが長年痛みに苦しむケースが分かってきました。
「慢性痛」の背景には「破局的思考」といって、感情や思考面が影響している事が分かっています。
この状態に対して適切に対応出来る病院も鍼灸院もまだ多くないのが現状です。

その意味で、なんば鍼灸院整骨院は地域の拠点として、必ずや皆様の力になる治療院になるものと思います。

治療院の益々の発展と今後の活躍を期待しております。

「5000人以上の赤ちゃんの誕生に携わったファン助産院院長」杉山富士子先生

ファン助産院 院長 杉山富士子先生◆プロフィール
昭和59年に杉並区に助産院を開業。妊娠・出産そして母乳育児と妊産婦さんに寄り添い自然なお産をめざし、子育てを応援。
これまで5000人以上の赤ちゃんの誕生に携わり、地域とのつながりを大切に母子保健活動に取り組んでいる。

妊娠・出産を機会に、女性が本来持っている生む力を最大限に発揮できるようにするのには、自分自身にしっかりと向き合い心と身体を整える事から始まります。

日々、妊婦さんそして産後のお母さん方に関わっていますと、皆さん仕事・家事・育児と頑張り過ぎて無理をしている方が多く、冷え症・肩こり・腰痛などの痛みや不安を抱えている方が少なくありません。

こうした不調を改善し、一人でも多くの方が楽しいマタニティライフやまた産後も元気で育児を楽しめるように精神・誠意、親身になって対応して下さるのが経験豊富な院長の南波先生です。

先生とのご縁は先生の奥様が当院で出産して下さったのがきっかけでした。お産に向けてお二人でしっかりと力を合わせ、お身体の準備をして出産に臨んで下さりとてもご安産されました。

産後の肥立ちも順調で、母乳育児にはげんでいらっしゃいます。

今回の妊娠・出産において、お産に向けて身体の養生をすることの大切さを身を持って体験、そして何よりも女性に生まれてほんとうに良かったと素敵な笑顔で語っていらっしゃいます。

助産師としてお一人おひとりの妊産婦さんに関わる度に、出産は女性にとって命がけですし又これ程大きな仕事はないと言っても過言ではないでしょう。

身体からのサインを見逃さず、セルフマネジメントに心を配り、心と身体を大切に良いことを積み重ね、「お産をして良かった。」と思えるような、納得したお産をしていただきたいと思います。

そして産後も生き生きと心も身体もお元気で明るく、何と言ってもお母さんの笑顔と健康は家族の幸せな原点であります。

南波先生はこうした妊産婦さん方の産前・産後の強い味方になって、新しい命を迎える皆さんをしっかり支えてくださるエキスパートでいらっしゃいます。

南波院長先生のますますのご活躍とご発展を心から願っております。


ご来店からお帰りまでの流れ

①受付

受付にて、本日の流れを説明致します。
予診票を記入して頂きます。

②問診

患者様のお体について詳しく聞き取ります。

③検査

筋肉、関節、神経、骨格や内臓機能に関する検査を行い、お身体の状態を把握します。

④メタトロン

最先端の東洋医学による測定機械を用いて、多角的に体質を把握します。
うつ症状に対して主に、食事・栄養面による影響と感情・思考面による影響をみます。

⑤説明

問診と検査によって判定した状態を詳しく説明します。
その上で患者様一人ひとりに合わせた最適な施術プラン、セルフケアの提案をいたします。

⑥施術(初診日は施術はしません。しっかりと説明を行い、その後の計画を立てます。)

患者様に合わせた最適な施術を行います。
鍼灸施術で土台となる身体と神経の流れを整えます。
痛くない鍼、熱くないお灸、やさしい骨格矯正が当院の特徴です。

※当院の鍼は、一回限りの使い捨てを使用していますので、感染の心配がありません。

また、感情・思考面に関して精神的なカウンセリングやセッションを行います。
東洋医学の観点から行いますので、病院で行われるカウンセリングや心理療法とは全く違ったものです

⑦会計

ご予約、会計、施術後の注意事項、次回来院時の流れ等を説明します。

お会計にはクレジットカード(MasterCard、VISA、American Express)もご利用頂けます。

良くある質問

鍼は痛くないですか?
無痛ではありませんが、ほとんど痛みは感じません(感じ方に個人差があります)。
注射針とは太さが10倍以上も違いますし(鍼灸の鍼は、髪の毛ほどの細さ)、先端も丸みを帯びているので痛みにくくなっています。
痛みがご不安な方ももちろんいますが、一度受けて頂くと「いつ刺されたのか分からなかった」「心配して損した」と良く言われるぐらいの感覚ですのでご安心下さい。
お灸は熱くないですか?火傷はしませんか?
当院のお灸は完全に燃やさずに、7割程度で消しますので通常は熱さを感じず、火傷はしません。
お客様一人一人にあった適度な刺激を心がけています。
ただし、体調の変化によって熱さを過敏に感じる場合もありますので、もし「熱い」と感じたときは、我慢せずにお伝え下さい。
鍼で感染しませんか?
当院では、1回限りの使い捨てディスポーザブル鍼を100%使用していますので感染の危険性はありません。
初診はどのくらいの時間がかかりますか?
初診時は、身体・感情・ストレス・環境の状態を詳しく把握するために、診察に1時間ほどお時間を頂いております。
予診票記載、会計等を含めて治療院を出るまでに1時間半~2時間見て頂けると良いです。
痛い所に直接鍼をするわけではないのですね?
痛い所が原因になっている場合は痛い所に鍼をしますが、多くの場合は痛い所と原因になっている所が離れています。
身体に痛み、不調を起こしている根本原因を解消するために適切なツボや筋肉に施術を行います。
どんな服装で行けばいいですか?
背中、お腹、肘から先、膝から下が出しやすい服装でお願いします。
腕まくりや膝まで上げられる服であれば大丈夫です。
仕事やお出かけの前や後でも来院できるよう、当院で施術服をお貸ししています。必要でしたらお気軽にお声かけをお願いします。
セッションは何を行うんですか?
セッションは、様々な事柄に対してネガティブな側面のみ見てしまう癖を補正する事を目的として行います。
考え方、物事のとらえ方へのアプローチと思って頂くと良いです。
その時その時のテーマに合わせて様々なワークを行います。
考え方を決して否定するものではありませんので、安心してご自分の思った事を言って頂きたいと思います。
子連れでも受けられますか?
お子さま連れ、大歓迎です。
お母さんが施術を受けるベッドとキッズスペースが一緒になった完全個室があります。当院にはお子さま連れの方がたくさん来られています。

~2019年6月8日(土)合計5名様までの特別限定プラン

ご予約専用メールフォーム

お名前必須
フリガナ
メールアドレス必須
メールアドレス
【確認用】必須
お電話番号必須
(携帯番号)
- -
ご予約希望日

第1希望日時:

第2希望日時:

備考・メッセージ

※こちらを送信しただけでは、ご予約は完了しておりません。

当院にて内容確認後、折り返しご連絡をさせて頂いたうえでご予約が確定となります。

お急ぎの場合は、お電話でお問い合わせください。

営業時間外や定休日には折り返しご連絡できかねます。営業時間外、定休日の翌日のご予約をご希望の方は余裕を持ってご連絡頂けますようお願い致します。

携帯電話メールをご使用の方はセキュリティの状態によりメールが届かないことがございます。2、3日しても返信がない場合はお手数ですが他のメールアドレスで再度、ご送信ください。

迷惑メール防止のためのメール受信設定をしておられる場合は、当院からのメールを受信できない事がございますので、パソコンからのメールを受信可能にしてから再度ご送信ください。

PAGE TOP