冷えについて④

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

「冷えについて」の4回目になります。

今回は、冷えたらどうすれば良いか、について書きます。

手っ取り早く温めるのならば、外から熱を与えれば良いです。

温める方法はいくらでもありますね。

例えば、

こたつに入る

カイロを貼る

湯たんぽを置く

ホットカーペットを付ける

温かいものを飲む

等々、他にもたくさんあります。

外から熱を与える事は、冷えている時に大変重要です。

ただし、更に重要な事は、

自分自身で温められる身体を作ることです。

外から熱を与える事は簡単なので実行し易いです。

電気機器はボタン一つで付けられますし、お湯もすぐに沸きますし、カイロは袋から出すだけですし…。

しかし、いつまで・どの程度外からの物に依存しますか?という目線がとても大切です。

長い目で見ると、自分で温める機能を鍛えた方が、生活の質は上がりやすいです。

ではどのようにして温める機能をあげるのか?について今後記していきたいと思います。

 

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP