子供の不調でお悩みの方へ(小児はり)

病院に行っても解決しない、どうすればいいの・・・と不安になっていませんか?

お子様のことでこんなお悩みはありませんか?

  • 喘息と診断された
  • アレルギーと診断された
  • アトピー性皮膚炎と診断された
  • いつも元気がなく、覇気が見られない
  • 病院では原因は言われない
  • 「うちの子だけ?」と不安になる
  • 成長しても疳の虫(キーキー声を上げる、夜泣き、不機嫌、叩く等々)が強い
  • 体質だから仕方ないと思っている

このようなことでお悩みの方は、是非当院にご相談頂きたいと思います。

お子様の不調には昔から小児はりが行われています。肌をさするだけの優しい刺激です。

不安に思ったらいつでもご相談下さい。

子供に対するアプローチ


子供はまだまだ発達段階にある状態です。
大人に比べて身も心も未熟です。
そのため、外からの影響(食べ物、飲み物、空気、環境、人間関係)も大人よりずっと受けやすいです。
受ける影響が大きいほど、身体には不調というサインが出てきます。

子供は特に自律神経の働きが未熟です。
自律神経がうまく働けないために様々な症状が起こる事がほとんどです。
しかし、病院では「自律神経」を判断する術がほとんどありません。

小児ハリは自律神経へのアプローチを得意としています。
病院で診断を受けた・受けないにかかわらず、小児はりで施術を行うことでお子様の症状が改善する事は本当に多く経験します。

まずは今起こっている不調が、何が原因で起きているかを知る事が大切です。
東洋医学の検査法を用いる事で、病院では診ない(検査しない)原因が分かる事が多いです。

場合によっては、両親の不調によってお子様も不調を起こしていることがあります。

場合によっては食べ物が合っていないことで不調を起こしているかもしれません。
→当院には「メタトロン」という食べ物が合っているかと判断する機械があります。
機械で身体を分析して、合う食材、合わない食材を統計学的に判断する機械です。
当院のメタトロンページ

メタトロンを受けられたお嬢さんの感想(お母様の声)

子どもの身体を信じてあげることの大切さが良くわかりました

8ヶ月 女の子

メタトロン を受けたきっかけは、娘の湿疹でした。

何か身体の機能に不具合があるのか、と思い受けることにしました。

結果的に、とてもいい状態であることが分かり、強いて言うなら、と弱い部分についても教えて頂きました。

メタトロン の結果だけでなく、そもそもの身体のしくみから説明をして頂き、子どもの身体を信じてあげることの大切さが良くわかりました。

何より、母親の私の気持ちがとても晴れ、目の前の湿疹についてあれこれ考えるよりも、子どもの成長、治癒力を信じて寄り添っていこうと、芯をもつことができました。

メタトロンは、自分に向き合うことのできるいいきっかけになると思います。
自分もいつか受けたいなと思いました。
この度はありがとうございました!

当院の小児に対する施術は?

昔から小児の不調に対応してきた小児鍼、お灸を用いて施術を行います。
刺さないはりのため痛くありません。お灸も直接肌に触れないため熱くない、気持ちが良い刺激です。

はり・お灸と聞くと恐がるかと思われる方が多いですが、お子様は気持ちが良いために来院したがる子が多いです。

また、お子さまへのアプローチは自宅で行うことで大いに効果を発揮します。
お子様の体質・原因を見極めた上でご自宅で出来るセルフケア(親からお子さまへのアプローチ)をお伝え致します。
お子様向けに自宅で出来るお灸教室も定期的に開催しています。

小児はりは何歳から?何歳まで?

0歳から何歳まででも行えます。
年齢が上がるにつれて鍼の種類を替えますが、12歳位までは刺さないはりを使います。

施術効果を上げるためには、まずは正しく身体の状態を判断する事が必要不可欠です。

お子様の症状でお悩みの方は、是非一度ご相談ください。
必ず安心して頂けますよ。

院長 南波 利宗

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP