肩こりを起こしている筋肉にはトリガーポイントにアプローチ

肩こりで悩んでいる方は、とっても多いです。

日本人男性が悩んでいる症状の第2位が肩こりです。

日本人女性では第1位が肩こりです。

厚生労働省発表:平成22年、25年有訴者率

これだけ肩こりで悩んでいる人が多いという事は・・・
肩こりを解決出来ていない人が多いということです。

  • 色々な治療を受けているけど…
  • 姿勢に気を付けているけど…
  • 良く寝て、ストレスもないけど…

解決出来ていない!!

なぜ解決出来ないのでしょうか。

実は筋肉は、離れた所に痛みを出します。

「何の事だ??」と思われるかもしれません。

実は、痛みの原因となっている所痛みが出ている所は、違うがほとんどです。

例えば、肩甲骨の内側に痛みがあるとして、原因は首の前にある筋肉という事が良くあります。

このような時、肩甲骨の内側をいくら揉んでも良くなりません。

「揉んだ時は気持ちいいけど、すぐ元に戻ってしまう」ということが起きます。

大切なことは、痛みの原因になっている筋肉に治療をするということです。

原因となっている筋肉に正しく治療をすると、離れた所にある痛みがなくなります。

残念ながら、これらの筋肉に関する認識は治療業界にまだまだ広まっていません。

そのため、痛い所をひたすら治療する治療院が多いのも現状です・・・。

慢性的に痛みを感じている場合、痛い所に原因が存在している確率はたったの30%と言われています。

つまり、痛い所だけに治療をしている場合、70%の人は解決しないということです。

離れた所に痛みを出す筋肉には、トリガーポイントという点が存在します。

痛みのトリガー(引き金)となるポイント(点)のことです。

このトリガーポイントを的確に見つけることが、筋肉の治療をする上でとても大切です。

当院院長は、大学及び大学院でトリガーポイントの第一人者である伊藤和憲先生の元でトリガーポイントの研究をしてきました。

国内・海外の学会でトリガーポイントに関する発表をしてきました。

筋肉の痛みの原因であるトリガーポイントに関して、当院にお任せください!

長年肩こりで悩んでいる方、お待ちしております!

院長 南波 利宗

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP