手のしびれでお悩みの方へ

手がしびれてなかなか改善しない・・・。ずっとこのままではと不安になっていませんか?

こんなことでお悩みではないですか?

  • 手がいつもビリビリしている
  • 腕に膜が張っているようで気持ち悪い
  • 首・肩の痛みも辛い
  • いつビリッと来るか分からないので動かすのが恐い
  • 注射を受けても改善しない
  • 痛み止めを飲んでも効かない
  • マッサージを受けてもその時気持ち良いだけ
  • 原因が分からないので諦めている
  • 頸椎症と診断された
  • 首にヘルニアがある
  • 年齢のせいだ言われて諦めている
  • 手根管症候群と言われた
  • ストレートネックだから仕方ないと思っている
  • 手術はしたくない

このようなことでお悩みの方は、是非当院にご相談頂きたいと思います。
手のしびれが起こるには必ず原因が存在します。

表面的な原因だけではなく、 しびれを起こしている根本原因をしっかりと見極めるのが大切です。

当院の施術を受けていただいた皆さまの声をお聞きください

経過はとても良好で、頚腕症によるひどい痛みやしびれはなくなりました

40代 男性

私は、整形外科で頚椎症性神経根症と診断されました。
神経根が圧迫されることで、肩から腕に常にビリビリとした嫌な痛みがありました。

牽引療法、温熱療法で痛みは徐々に緩和されたのですが、頚腕症だけではなく自律神経の乱れなどの自覚症状もあり、
身体の状態の根本的な解決(回復)をしたいと鍼灸院のドアをたたきました。

初回はまず、これまでの病気や生活、現在の症状についてお話を聞いてくださった上で、総合的な判断と治療期間について、具体的にお話があり、治療に対して安心できるとともに、とても希望をもつことができました。

驚いたことに、私の場合、治療初日に痛みが軽減されたのを実感しました。
経過はとても良好で、頚腕症によるひどい痛みやしびれはなくなり、自律神経を整える治療により、体調の良かったときのように、全身に汗をかくことができるようになり、新陳代謝が上がった感じがしており、全体的に身体のバランスが整いつつあるように感じています。

引き続き、よろしくお願いします。

手のしびれはなぜ起こる?

手のしびれを起こす要因は色々あります。
整形外科的な要因としては、

頸椎症、頚椎ヘルニア、胸郭出口症候群、手根管症候群、絞扼神経障害

などがあります。
その他の病気では、

脳梗塞、脳出血、糖尿病、末梢神経障害、病気に対する薬の副作用

などが上げられます。
また、病名は付かないものの、

血行不良によって起こる手のしびれ

もあります。

なぜ手のしびれは改善しないのか?

手のしびれで辛い時に、どのような対策をされていますか?
整形外科で診断を受けて服薬や注射を受けましたか?メチコバールやリリカを処方されましたか?
もしくは何もせずに「様子をみましょう」で済まされませんでしたか?

整骨院ではマッサージを受ける、ストレッチを行う、電気を当てる等が多いのではないでしょうか?

手のしびれは、整形外科的な原因(ヘルニアや手根管症候群など)によって起こる場合が多いですが、ヘルニアや神経が圧迫を受けている所に直接治療をしても大きな改善をしないことが多いです。

また、薬や注射などで一時的にしびれを緩和させようとしても、しびれを起こしている根本原因を解決しない事には何度でも辛い症状が戻ってきてしまいます。
マッサージやストレッチを行うと一時的に血流が良くなるので少ししびれが緩和するように感じますが、本当にほんの一時的だったと経験されている方が多いのではないでしょうか?

整形外科的な要因にアプローチする事はもちろん必要ですが、同時にしびれを起こしている「本当の原因」にもアプローチする事でようやく辛い症状が解決します。
この「本当の原因」には様々ありますので、下記に記します。

手のしびれを解消するためにはどうすればいいか?


上述のように

しびれを起こしている部位(ヘルニアや手根管部位)に対して施術を行うことは大切ですが、それだけでは足りないことがほとんどです。

手のしびれを起こす「本当の原因」はたくさんあります。
例えば、ヘルニア部分にアプローチしたとしても、骨格が歪んでいれば何度もヘルニア部分に負担がかかりますので何度でもしびれは再発します。
手根管部に治療をした所で、腕の筋肉の疲労が取れない事には何度も血行不良が繰り返されますし、そもそも血液自体が良くない状態だとしたらもちろんしびれは解消されづらいです。

当院では、しびれを起こす本当の原因を以下のように考えています。

骨格 骨格が歪んでいると神経の機能が落ちてしびれにつながります
関節 首の関節や肩の関節に過度の負担がかかっていると神経の血流が悪くなりやすいです
自律神経 自律神経の働きが乱れると、寝て疲労を取る、神経の血流を回復させる機能が低下します
血液 血液がドロドロしていると、神経が回復しづらくなってしまいます
気持ち 気持ちが落ち込んだり、ストレスを受ける事によって手先の血流が悪くなりしびれを起こしやすくなります

これら、手のしびれを起こしている根本原因を解消する事が結果的に手のしびれを起こさないことに繋がります。
もちろん局所の原因を整形外科的な観点からもアプローチします。

正しい原因にアプローチ出来れば結果は必ず付いてきますよ。

手のしびれに対する一般的な治療

病院での治療

原因によってまちまちですので、ヘルニアや手根管部などの局所の原因に対する治療に加えて下記が上げられます

  • 電気を当てる
  • リハビリ(マッサージ、ストレッチ、運動等)
  • 注射
  • 痛み止め薬
  • 湿布
  • 手術

一般的な整骨院・整体院

  • マッサージ
  • 電気を当てる
  • ストレッチ

なんば鍼灸院・整骨院の手のしびれに対する施術は?

当院と他院との違いは、原因を把握するためのプロセスだと強く言えます。

一般的な治療院では、その部分の血流を良くすることを目的とした施術がほとんどです。
前述の通り局所の血流を良くするだけではなかなか改善しないのが現状です。

当院では詳しいヒアリング、身体全身を把握するためのボディチェックを通じて、

手のしびれを起こす局所の原因はもちろん把握しながら、本当の原因が「筋肉・関節・骨格・自律神経・血液・気持ち」のどこにあるかをトータルで評価します。

手のしびれの原因が一つであることはほとんどなく、複数の要因が入り組んでいる事がほとんどですので、多岐に渡る身体の把握がとても重要です。

当院の良い所は鍼灸施術の長所を最大限に高める事で、

  • 筋肉を緩める効果が高い
  • 関節にアプローチがしやすい
  • 自律神経の機能を高められる
  • 血液ドロドロの状態を良くする
  • 気持ち面がリラックスして副交感神経を高められる
  • 鍼灸施術だけでは改善しづらい骨格には骨格矯正を行う

などがあります。

なので、複雑に原因が絡み合っている手のしびれに対して、当院の鍼灸施術こそが最も的確に・効果的に行える施術だと言えます。

手のしびれは様々な形で出てきますし、原因は一人一人違うため、的確に病態を把握した上で治療を行うことが重要です。

長年手のしびれでお悩みの方は、一度是非ご相談ください。
自分自身の回復力に自信が持てるようになりますよ。

院長 南波 利宗

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP