逆子・骨盤位でお悩みの方へ

28週を超えて逆子と診断、このままでは帝王切開だ・・・と悩んでいませんか?

こんなことでお悩みではないですか?

  • 逆子と診断された
  • 〇週までに返らなかったら帝王切開と言われた
  • 逆子体操をしてもあまり効果はないと言われた
  • 妊婦を受け入れている鍼灸院が見つからない
  • 逆子にはお灸、と聞いたけど鍼灸院が見つけられない
  • 帝王切開だから仕方がないと諦めてる
  • でも諦めきれない
  • 逆子になるには何かしら身体に負担がかかっているのではと思っている
  • 赤ちゃんから何かのメッセージかな?と思っている

逆子でお悩みの方は、是非当院にご相談頂きたいと思います。

妊婦さんを受け入れていない鍼灸院は多いようですが、
妊婦さんと鍼灸はとても相性が良い施術法です。

妊婦さんに対する鍼灸施術の安全性を検討した研究も存在します。

是非安心して受けて頂きたいと思います。

28週を超えていたら1日でも早く施術を開始した方が良いです。

当院の施術を受けていただいた皆さまの声をお聞きください

逆子が直ってからは生活も楽になり、胎動も良く感じる事が出来てとても嬉しいです

30代 女性

妊娠30週目に逆子治療の為に訪れました。

こちらが出来たばかりの頃に前を通りがかり、良さそう!と気になっていたのですが、鍼灸は通ったことがなかったので、気になりつつもなかなか通院には至りませんでした。

しかしその後、逆子が直らず逆子の治療には鍼灸が有効と病院でお聞きしたので、こちらを思い出し治療を受けました。

逆子が直ってからは生活も楽になり、胎動も良く感じる事が出来てとても嬉しいです。

先生やスタッフの方はとてもおだやかで、丁寧なので安心して通う事が出来ています。
産後も是非お世話になりたい、とても良い治療院です!

なぜ逆子・骨盤位は起こるのか?

明らかな原因があるものには、
羊水が多すぎる・少なすぎる、へその緒が短い、胎児が大きすぎる、
双子・三つ子、子宮の形・筋腫
などがあります。

しかし、これだという原因は分からないものがほとんどです。

原因が分からない時こそ、鍼灸施術の出番だと思っています。

逆子・骨盤位になる方は、特に下半身が冷えている事が多く、下半身の冷えを解消する事で逆子が返る事は良く経験します。

ただ、純粋に下半身を温めればそれで良いと言う訳ではなく、

身体の機能を高めることが重要になります。

それで身体の機能を高めて下半身を温めるのに最適な鍼灸施術を勧めるドクターもいる訳です。

なぜ下半身が冷える?

実は妊娠中の身体の中では、ものすごい仕事量をこなしています。

寝ていても仕事をしています。

例えば、

  • 妊娠前~妊娠中~出産に向けてのホルモンの変化に対応する
  • 体重が日々増える
  • 子宮を大きくする
  • 赤ちゃんに栄養を送る
  • 赤ちゃんの老廃物を代謝する

などなど。

これらはとてつもない仕事量です。

本来妊娠前だったら回復できるはずの不調や疲労も、これらの仕事に全力を尽くして疲れてしまうために回復出来なくなってしまうのです。

そのしわ寄せが、

「下半身を温める」機能を低下させる事に繋がります。

また、子宮を温める機能が低下する事で胎児が動きづらくなり、逆子が返りづらい要因にもなります。

鍼灸施術は何をするの?

上述のように、妊娠中の不調を起こす原因はたくさんあります。

つまり単純に身体を温めれば良いと言う訳ではなく、現在負担がかかり過ぎている機能を施術で助けてあげる事が最も大切な事です。

それが出来るのが東洋医学による身体の見立て方であり、鍼灸施術です。

当院では詳しいヒアリング、身体全身を把握するためのボディチェックを通じて、体質、負担がかかっている根本原因を見極め、適切なアプローチを行います。

逆子・骨盤位という現象を引き起こす要因の一つである下半身の冷えの原因は一人一人違うため、的確に病態を把握した上で治療を行うことが重要です。

妊婦さんや逆子への鍼灸施術を断っている鍼灸院は多いようですが、
当院は数多くの妊婦さん・逆子の方へ施術を行ってきていますのでご安心ください!

逆子・骨盤位でお悩みの方は、一度是非ご相談ください。

どのような形であれ、必ずお力になれますよ。

院長 南波 利宗

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP