坐骨神経痛でお悩みの方

いつまたあの痛みがくるか・・・、と常に不安になっていませんか?

こんなことでお悩みではないですか?

  • いつも腰が張っている
  • 足にしびれが出てきた
  • マッサージを受けてもその時気持ち良いだけ
  • 薬を飲んでも痛み・しびれが治まらない
  • 楽な姿勢が見当たらない
  • 腰やお尻に鍼を受けたけどその時しか良くならない
  • 手術を勧められたが、他の方法はないか考えている
  • 注射をしても効かない
  • 坐骨神経痛は治らないと思っている
  • 腰の椎間板ヘルニアと診断を受けた
  • 脊柱管狭窄症と診断を受けた

このようなことでお悩みの方は、是非当院にご相談頂きたいと思います。

坐骨神経痛はただ単に神経が圧迫されているだけではなく、様々な原因が入り混じって起こる症状ですので、神経に刺激をするだけではなく根本原因をしっかりと見極めるのが大切です。

当院の施術を受けていただいた皆さまの声をお聞きください

治療とセルフケアで、坐骨神経痛も消化不良もきれいになくなりました。

1人目 40代女性

妊娠中に坐骨神経痛が出ていて出産で痛みがなくなることを期待していたのに産後も度々痛みが出て悩んでいました。
産後2ヶ月位の頃、産後の体調を整えるのにも良いらしいですよと紹介していただき治療を受け始めました。

鍼灸治療は初めてでしたが、最初は治療効果よりも子供を2人連れて通える環境が有難く来てみたら、初回の時の診察と治療についての説明がとても丁寧で、また自分で思っていた自分の体質とは違って目からウロコ、すぐに通院することを決めました。
産前産後で自律神経を酷使している事で坐骨神経痛や消化不良、不眠や疲れが取れない症状があると知り、治療とともに食事の際によく噛むことをセルフケアとして気をつけるよう教えられて、2週間もすると坐骨神経痛も消化不良もきれいになくなりました。

好転反応として疲れを感じやすくなる変化や、体の冷えを感じるようになって一時しんどくなりましたが、治療を続けるうちに体力の回復や眠りが深くなってきたこと、イライラする事があっても気持ちが明るいまま過ごせていることに気が付きました。
1回20分程度であることも通いやすく、多方面の体調の改善を実感して感激し、家族にも勧めて先生に見て頂いています。

今後も家族になにか不調がでたら相談させて頂きたいと思いますし、すっかり我が家のホームドクターです。
まだ治療半ばですが、終わる頃にはどれだけ体が楽になるのか、今までの経過を思うと、とても楽しみです。

腰痛もすっかりなくなり、とても前向きに思っております。

2人目 30代女性

第二子出産後ひどい腰痛に悩まされてた時に、お友達に子連れでも通いやすいところがあるよ!
と紹介されてきました。初めて鍼灸院へいくのは不安でしたが早く治療を受けてよくなりたい
気持ちが勝ってましたので思いきって門をたたきました。

痛みもなく、安心して治療を受けることができ、また優しい先生達のお言葉、
はげましを頂き毎日一日一日をセルフケアを心におきながら大切に過ごせるようになりました。

腰痛もすっかりなくなり今は次に不調が起きないように、元気でいる為にはどうすればいいか?
と自分を甘やかさない生活を続けてがんばろうととても前向きに思っております。
あたりまえのことを、ゆっくりと丁寧に。
先生本当にありがとうございます。

坐骨神経痛とは?


坐骨神経痛は、腰椎椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症に伴って発症したり、産後に起こる事が多いです。
坐骨神経とは、腰から出た神経がお尻~太ももの後ろ~膝下~足にまで行く神経です。
その神経の通り道で、どこかしらで神経への血流が悪くなったり、神経に炎症が起こることによって痛みや痺れを起こします。

神経の血流が悪いなら、血流が良くなるようにマッサージをすれば良い、鍼をすれば良いと思いませんか?
同じように、神経の炎症が起こっているなら、薬を飲めば良い、注射をすれば良い、と思いませんか?

このような治療が行われていても、中々改善していない方が多いのが現状です。

なぜ坐骨神経痛は改善しないのか?

治療院で坐骨神経痛に対して、どのような施術を受けられましたか?
腰やお尻から足にかけてマッサージを受けて、その時は気持ちが良いけど数時間でまた元の症状に逆戻り、という話は良く聞きます。
坐骨神経に鍼を打ったとしてもマッサージと目的が同じでしたら効果も同じようなものになります。

病院では何か根本から解決出来る方法を言われましたか?
湿布や痛み止め、注射やコルセットなどのその場しのぎの方法ではなかったでしょうか?

坐骨神経痛は、神経の血行不良や炎症によって起こる痛みですが、その神経の病態が引き起こされる要因まで解決しない事には本当に根本から良くなったとは言えません。

一時的に神経の痛みが治まったとしても、結局は同じことの繰り返しです。

坐骨神経痛を解消するためにはどうすればいいか?

上述のように神経に対して施術を行うことは大切ですが、それだけでは足りないことがほとんどです。

坐骨神経痛を起こす原因はたくさんあります。

筋肉 腰やお尻の筋肉が硬くなると坐骨神経を圧迫しやすくなります
骨格 骨格が歪んでいると坐骨神経につねに負担がかかります
関節 腰の関節や骨盤の関節や股関節に過度の負担がかかっていると結果的に神経にも負担がかかることにつながります
自律神経 自律神経の働きが乱れると、寝て疲労を取る、神経の血流を回復させる機能が低下します
血液 血液がドロドロしていると、神経の血流が回復しづらくなってしまいます
気持ち 気持ちが落ち込んだり、ストレスを受ける事によって神経の血流が悪くなったり、特に腰周りの筋肉が緊張し、結果的に神経に炎症が起きやすくなります

これら、坐骨神経痛を起こしている根本原因を解消する事が結果的に坐骨神経痛を起こさないことに繋がります。

正しい原因にアプローチ出来れば結果は必ず付いてきますよ。

坐骨神経痛に対する一般的な治療

病院での治療

  • 電気を当てる
  • リハビリ(マッサージ、ストレッチ、運動等)
  • 注射
  • 痛み止め薬
  • 湿布

一般的な整骨院・整体院

  • マッサージ
  • 電気を当てる
  • ストレッチ
  • 骨格矯正

当院の坐骨神経痛施術は?

当院と他院との違いは、原因を把握するためのプロセスだと強く言えます。

一般的な治療院では、坐骨神経自体や筋肉のみを対象とする所がほとんどで、最近は骨格に対して原因を求める所も増えてきていますが少ないのが現状ですし、自律神経や気持ちに関しては全く見ない所がほとんどです。
しかし、坐骨神経自体や筋肉に原因を求めても一時的にしか症状が緩和しない事がほとんどで、実際には自律神経や気持ち面、骨格への施術を行うことで施術効果が得られるケースがとても多いです。

当院では詳しいヒアリング、身体全身を把握するためのボディチェックを通じて、坐骨神経痛の原因が「筋肉・関節・骨格・自律神経・血液・気持ち」のどこにあるかをトータルで評価します。

坐骨神経痛の原因が一つであることはほとんどなく、複数の要因が入り組んでいる事がほとんどですので、多岐に渡る身体の把握がとても重要です。

当院の良い所は鍼灸施術の長所を最大限に高める事で、

  • 筋肉を緩める効果が高い
  • 関節にアプローチがしやすい
  • 自律神経の機能を高められる
  • 血液ドロドロの状態を良くする
  • 気持ち面がリラックスして副交感神経を高められる
  • 鍼灸施術だけでは改善しづらい骨格には骨格矯正を行う

などの特徴があります。

なので、複雑に原因が絡み合っている坐骨神経痛に対して、当院の鍼灸施術こそが最も的確に・効果的に行える施術だと言えます。

症状が同じ坐骨神経痛だとしても、原因は一人一人違うため、的確に病態を把握した上で治療を行うことが重要です。

長年坐骨神経痛でお悩みの方は、一度是非ご相談ください。

自分自身の回復力に自信が持てるようになりますよ。

院長 南波 利宗

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP