院長プロフィール

氏名 齋藤 歩(さいとう あゆむ)
出身地 東京都
経歴 明治国際医療大学 鍼灸学部卒業
国家資格 はり師、きゅう師
学位 鍼灸学(学士)
得意な施術 頚肩や腰の痛み、自律神経症状、
不妊施術、逆子施術、メンタルヘルス
家族構成 妻と息子
趣味 子どもと遊ぶ
血液型 O型

「職人の仕事」に憧れて

 

「職人の仕事」というものに憧れがあって、鍼灸師を志しました。鍼灸というものに思い入れがあったのかというと、それほどの情熱はなかったように思います。

 

鍼灸との出会いは、中学生のときでした。小学校から始めた野球に夢中で、ずっと怪我が絶えなくて。整形外科に行き尽くした中学生のとき、「近所に鍼灸院ができた」と聞いて、足を運びました。

初めて鍼灸治療を受けたときの「安心感」は、今でも覚えています。

 

高校野球を引退し、いざ「進路を決めよう」と思っても、やりたいことが特になくて。

そこで親戚から「鍼灸に特化した大学が京都にある」と聞いて、「東京から離れて、一人暮らしもしてみたいな」と。今思えば不純な動機だったかもしれませんね。

 

鍼灸への意識を変えたのは、恩師との出会いだった

 

大学2年生の授業で、伊藤和憲先生という面白い先生に出会いました。伊藤先生は、テレビ出演や本を出版されている有名な先生です。

しかし、当時の僕は全然知らなくて。伊藤先生と冗談を言い合う仲になり、ゼミを選ぶときも「面白そう」という理由で、伊藤ゼミに入りました。

 

ゼミで取り扱ったテーマは、「鍼灸と口腔内環境の関連について」でした。ストレスが高い人には「肩が凝る」「口が乾く」という共通点があるように、鍼灸と口の中は関係ないようでもリンクしているのです。

 

こうして鍼灸と真剣に向き合っていくうちに、「一生を通して打ち込めるもの」だと確信しました。

伊藤先生はとにかく「熱い男」だったので、その熱さが伝播したのかもしれません。そこから意識が変わり研究、臨床に本気で向き合い始めました。

 

オープニングスタッフとして、なんば鍼灸院に就職

 

南波先生との出会いは、大学4年生のときでした。伊藤先生から「ゼミのOBが東京で鍼灸院を開業しようとしていて、スタッフを探している」という話をいただいて、そこで初めて南波先生とお会いしました。

 

南波先生は「落ち着いていて、静かな人だな」という印象でしたが、話していると鍼灸への「熱さ」が伝わってきて。

その当時のなんば鍼灸院はテナントが決まったくらいの段階で、実績もない状態でした。それでも何の迷いもなく就職を決めたのは、その「熱さ」に惹きつけられたからかもしれません。

 

なんば鍼灸院のオープン時から携わらせていただいている訳ですが、初めは「戦力になっていない」と感じさせられる日々でした。

ただ目の前のことをこなしていく。鍼灸師としての腕を磨くことはもちろん、患者さんの誘導や受付業務など、「何か役に立てることはないか」と必死でした。

 

不調の原因は「心」にもある

 

鍼灸院に訪れる患者さんで、パッと良くなる人はほとんどいません。そこが鍼灸師として、ぶつかった「壁」でした。

同じような症状で困っている患者さんでも鍼灸効果にバラつきがあり、「この差は何だろう」と。学生時代に研究したことや学んだ知識と、実際の臨床の現場にギャップを感じました。

 

なぜすぐに改善しないのか。体に不調が出ているということは、つまり、不調が出る生活を送っているということ。その原因は「心」にもあると気が付きました。

その場で「体」のケアはできても、「心」の解決に至らない限りは、改善しない。「体のケアで解決できる人もいれば、できない人もいる」ということを痛感しました。

 

そういった「心」の問題に気が付いた当初は、患者さんの扉をこじ開けることに必死でした。今思えば、完璧を求めて考え過ぎていたのかもしれません。本当に患者さんの不調を治したいからこそ、「患者さんの心も変えなくては」と思っていました。

 

納得して施術を受けて欲しい

 

患者さんに心を開いてもらうためには、どうしたら良いか。そこには、「納得」が必要であると考えています。

「治療方針を説明されたけど、よくわからないまま治療している」。そういった患者さんも、他院には多いのではないかと思います。それなのに、治療には高額な費用を請求される訳です。

 

自分が社会人になってお金を稼ぐようになり、あらためて治療費の大きさを感じました。患者さんには、しっかりと納得した上でお金を出して、治療を受けて欲しいと思っています。

 

セルフケアで意識改革を

 

不調を治すためには、患者さん自身の努力が必要不可欠です。そもそも体は、自分自身のもの。人任せにするのではなく、ご自身でも治していくことを意識してもらいたいと考えています。

そこで、重視しているのはセルフケアです。生活習慣を見直す機会になりますし、体の不調を「自分の体で起きていること」と受け入れるきっかけにもなります。

 

もちろん、鍼灸院でも確かな施術を行います。少しずつ体の調子が良くなって、「もっと良くしたい」と前向きな気持ちを持ってくれたら、嬉しいですね。そんな患者さんの気持ちに寄り添って、さらに応えていきたいです。

 

「心」を重視した鍼灸施術

 

「心」に目を向け、患者さんに納得して鍼灸に臨んでもらうことで、より効果が出てくるようになりました。この「心を重視していく」という姿勢は、当院のスタッフ全員と共通して持っている「柱」でもあります。

 

創設者ではない私が院長であることに、不安を抱える人も多いかもしれません。

しかし、現場のトップとしての実績や、当院と一緒に成長してきたという自信があります。

患者さんひとりひとりと丁寧に向き合う姿勢は変わりません。当院が患者さんにとって、「落ち着く場所」「気付きを得る場所」であり続けるよう、精進いたします。

 

院長 齋藤 歩

なんば鍼灸院・整骨院のスタッフ紹介はこちら

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP