冷えについて②

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

「冷えについて」の2回目になります。

皆様、冷え対策、暖活はされていますか?

冷えが「気になる」方は多いです。

そして、冷えが「気にならない」方も多いです。

「冷えていない」ではなく、「気にならない」方です。

ここがとても重要です。

冷えがあって、冷えを気にしている方:対策が出来るので安心です

冷えがなくて気にならない方:冷えていないので安心です

冷えがあって、冷えが気にならない方:自覚しないという事は危険です

冷えがあるにもかかわらず、冷えていると自覚していない方は良くいらっしゃいます。

足を触ると氷のように冷たいのに、本人は冷たいと感じていない。

このような方、実は、冷えを感じている方よりも良くありません。

冷え過ぎると、「冷たいですよ~」と脳に伝える神経の働きが落ちます。

そのため、冷えているにもかかわらず、本人は気が付かなくなってしまいます。

冷えていないと思うので、冷え対策をしません。

例えば、冬の寒い日にもかかわらず・・・

・靴下をはかない

・サンダルで出歩く

・アイスクリームを食べる

・湯船に浸からずにシャワーのみ

という生活をされている方もいます。

冷えているのに、更に冷える生活をしてしまう・・・。

冷え自体は感じなくても、確実に身体には不調を起こします。

まずは、

自分が冷えているかどうか

冷えを感じられているかどうか

を確認してみると良いです。

院長 南波

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP