本日の一言 ~帝王切開の影響~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

「本日の一言」、日々私南波が感じた事をその時の思い付きで記します。

「こんな気持ちで鍼灸院活動をしています!!」

を発信しています。

当院は妊婦さんがたくさんいらしています。

逆子の施術で来られる方もいらっしゃいます。

鍼灸施術を行っている経過で返る事もありますが、

返らずに出産(帝王切開)を迎える方ももちろんいます。

そこで本日の一言は「帝王切開」について記したいと思います。

妊婦さんの中には、帝王切開を極端に恐がる方がいらっしゃいます。

確かに、お腹を切りますので良いイメージは持ちづらいですよね・・・

ただ、物事には必ずネガティブな面とポジティブな面が両面あります。

ネガティブな面しかないという事は起こり得ません。

帝王切開が行われることによって、

救われた母子は一体どれだけいるか??

その事で家族に与える影響は??

と考えると、帝王切開のポジティブ面も計り知れません。

とまぁ一般的な話は良いとして、当の本人の問題となると・・・

もちろんお腹を切るのは嫌ですよね・・・

自然分娩が出来るに越したことはありません。

特に私達健康・身体に従事する者の立場から考えると、

切るということはそれだけ心身にダメージを与えますし、

リスクもある訳ですし・・・。

ご自身の身体の事はもちろんですが、

それ以上に、「帝王切開だと赤ちゃんの成長に問題が起こるのでは??」

と過度に心配をされる方がとても多く見られます。

様々な情報があり、例えば

産道を通る時にお母さんの細菌をなめて免疫力を高める

とか

産道を通らないと人生の厳しさに耐えられない(???)

とか

そう聞いていると、

「帝王切開は絶対に嫌だ!!子供のためにならない!!」

と拒否反応を示す方がいるのも現実です。

以前産婦人科の池川明先生の講演会を聴いた時の心に響く一言

千人位いる会場での講演でしたが、

「この中で、帝王切開を受けた人が誰だか、

周りを見渡して分かりますか?」

(もちろん分からない・・・)

「そんなものなんですよ、帝王切開の影響っていうのは」

と。

帝王切開のみでその後の性格、身体の強さ、体調が決まってしまうなんてことはありえない、

その他の圧倒的多くの要因が複雑に絡み合ってその人が形成される、

と考えるとそこまで帝王切開が子供に与える影響を恐れる必要はなさそうですね。

昔だったら失われていたであろう命が、

帝王切開によって救われて生まれてきてくれた。

そこに最大限フォーカスした上で、

感謝の気持ちを持って最大限出来る事を行うのはいかがでしょうか。

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP