「痛み」の定義

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

 

「痛み」に定義があるって知っていましたか!?

「なんか痛い」と言った感じで、もやっとした感じをお持ちではありませんか?

 

実は、国際疼痛学会で定義されています。

定義:「実際の組織損傷もしくは組織損傷が起こりうる状態に付随する、あるいはそれに似た、感覚かつ情動の不快な体験」

 

文章で読むと難しいですね・・・。

 

簡単にまとめると、

・組織損傷(つまり、切り傷、筋肉を痛める、内臓を痛める、骨が折れる等々の損傷)があると起こる

・組織損傷がなくても起こる

・感覚的な不快がある:(いわゆる)痛い!、ピリピリする!ジンジンする!しびれる!灼熱感! 等々

・情動的な不快もある:辛い!苦しい!悲しい!イヤだ! 等々

 

以前は、「痛み」と言えば組織損傷に伴うもののみと定義されていました。

つまり、

・ぶつけたから痛い!

・火傷で痛い!

・骨が折れて痛い!

・骨が変形して痛い!

・ヘルニアが飛び出て痛い!

というように、組織が傷ついたことで痛みが起こると考えられていました。

これだとレントゲンやMRI、血液検査で組織に問題がなければ「異常なし!原因なし!」になってしまいます。

 

しかし痛みの研究が進み、組織が傷つかなくても痛みが起こることが分かってきました。

そのため「組織損傷が起こりうる状態に付随する」が加えられました。

 

実際に当院に来院される方の中には、

「整形外科では異常なしと言われました」

と言われる方が多くいます。

 

検査で異常がないと言われると、

「もっと悪い、原因不明の難病なのではないか・・・」

と不安になられる方がいます。

 

不安を感じたら何でも相談して頂きたいと思います。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP