健康になるための「目標設定」③~不調はサイン~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

前回は、「問題からスタートしない」ということで、

目標を立てる際に、痛みや不調を「なくす」という目標からはスタートしない、

とお伝えしました。

人によっては、

「いやいや、辛いんだからなくしたいでしょ??何を言ってるんだ!?」

と思われるかもしれません。

ここで重要な事は、

今ある「痛み」や「不調」というのは、

何かしら自分に問題がある事を教えてくれるサイン・メッセージである、

と認識する事です。

「痛み」や「不調」が問題なわけではなく、

問題があるから「痛み」や「不調」が出る。

考え方の順番が逆なわけです。

例えば腰痛に関して言うと、

自分の筋力に見合わない労働を行っている(筋力以上に重い物を持つ、長時間同じ姿勢で仕事を行う 等)

自分の内臓機能以上の負担をかけている(消化力以上に食べ物をたくさん食べている、水分代謝力以上に水分・お酒を飲んでいる、発熱機能以上にエアコン・冷飲で冷やしている 等)

自分のストレス耐性以上にストレスを受けている(出来ない仕事をノーと言えずにいつも抱えている、人間関係でいつも納得できずに接している 等)

等が「原因」であり、その「結果」として「痛み」や「不調」が出る訳です。

つまり、「痛み」や「不調」を無くそうとした所で「問題の解決」にはならず、

より大きな問題が起きることに繋がってしまいます。

従って、目標設定のスタートとしては、

筋力の場合は、

「どうやって筋力をつけようか?」や「自分の筋力内で生活をするにはどうすればよいか?」

になります。

ストレスの場合は、

「物事の捉え方をどのようにしよう?」や「今の現状を納得できるとしたらどのように捉えるか?」

等になります。

「当たり前の事じゃない??」

と思われる方が多いと思います。

しかし、実際自分事となるとこのように捉える事が出来ずに、

「問題をなくしたい!!」と思われている方が非常に多いです。

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP