健康経営アドバイザーに認定されました

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

以前、

健康経営ってご存知ですか?

というブログを書きました。

健康経営(けんこうけいえい)とは、従業員の健康増進を重視し、健康管理を経営課題として捉え、その実践を図ることで従業員の健康の維持・増進と会社の生産性向上を目指す経営手法のこと。

(Wikipediaより)

当院から大きく寄与出来る事の一つとして、正に健康維持・増進があります。

健康維持・増進による生産性向上は、想像以上に大きな成果が得られます。

想像してもらいたいと思います。

もしも健康の問題で仕事を休んでしまったら、どれだけの生産性が低下するでしょうか?

休むにしても色々な形があります。

軽い風邪をこじらせて1~3日休む

頭痛が辛くて1日休む

仕事中にめまいが起きて早退する

ぎっくり腰で3~7日休む

インフルエンザで7日間休む

こころの問題で3か月休む

大病をして半年間休む

等々様々です。

これらを「アブセンティーイズム」absenteeism:体調不良などで休みがち、長期欠勤する事、と言います。

大きく生産性が落ちる事は容易に想像できるかと思います。

しかし、もっと大きな問題があります。

それが、出勤しているけど健康状態によって生産性が落ちている、という状態です。

例えば、

前日に飲み過ぎて集中出来ない

風邪が治っていなくて思考が低下している

花粉症のせいで数分に一回鼻をかんでいる・くしゃみが止まらない・ぼーとする

頭痛でイライラして会議に集中出来ない

慢性的な睡眠不足で仕事中に眠い

こころの問題で頭が真っ白になる

腰が痛くて素早く動けない

等々、いくらでも上げられます。

これらを、「プレゼンティーイズム」Presenteeism:体調不良な中出勤する事、と言います。

結果として集中出来ない、小さなミスを繰り返す、仕事のスピードが上がらない、判断力の低下、考えられないなどが起こります。

生産性がガタ落ちなのは火を見るよりも明らかですね。

何かしら経験がある方も多いのではないでしょうか。

実はこの、プレゼンティーイズムが大きな問題となっています。

調査・研究によると、アブセンティーイズムに比べてプレゼンティーイズムによる損失は大変多いようです。

体調が優れなくても中々休まない方は多いと思います。

「勤勉は美徳」とする日本の国民性がありますし、学生時代の部活でも「根性がないから休むんだ」などを叱咤激励を受けてきたからかもしれません。

しかし、実は休んでしっかりと体調を整えていたほうが、「生産性」という観点では損失は少ないのです。

更に言えば、体調が悪くならないために普段から健康管理を行う、というのが理想ですね。

当院で必ずお役に立てる所です。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP