夏こそ冷える!! 選択と対策を(寝る時のエアコン)

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

昨年「夏こそ冷える!!」というテーマで執筆していました。

夏こそ冷える!!③ 薄着で冷える!②~肌の機能が下がる~

1年経ち、今年も新たに夏と冷えに関するネタをお伝えしようと思います。

先日この様な質問を頂きました。

「寝る時はエアコンをつけるのとつけないのとどちらが良いですか?」

と。

回答としましては、

「どちらもメリットとデメリットがある」

その上で、

「どちらにしてもデメリットを補う必要がある」

とお伝えしました。

この事に関して詳しく解説致します。

まずは、エアコンをつける事のメリットは、

・寝やすくなる=体力が回復しやすい

です。

反面デメリットとしては、

・身体が冷える ・呼吸器を傷める ・汗をかけない

です。

そのため、デメリットを補うとしたら、

・冷えた分は翌日入浴する、運動する、冷える飲食を控える

・呼吸器を痛めた分は翌日空気の良い所で深呼吸する、鼻うがいをする、副鼻腔付近を温める

・汗をかけない分は、翌日日中に外で動いて汗をかく、乾布摩擦をする

等の方法論になります。

次に、エアコンをつけない事のメリットは、

・冷えない ・汗をかける

です。

反面デメリットとしては、

・寝づらい=体力が回復しづらい

です。

このデメリットを補うとしたら、

・寝られない分は翌日に昼寝をする

が最適です。

夏場は心臓に負担がかかります。しかも温度が高ければ高いほど負担がかかります。

そのため、日中に横になる事は心臓を休める事に繋がり、体力の回復に直結します。

以上、身近な所で良く起こる事ですが、とても大切な内容でした。

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP