夏の過ごし方 ~簡単にできるセルフケア~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

連日温度が高い日が続いています。

東京では猛暑日を記録したようです。

皆様、暑さに負けていませんでしょうか。

この時期は、暑さによる不調を訴える方が増えます。

例えば、

めまい、食欲低下、のぼせ、身体のだるさ、やる気が出ない、胸が苦しい、動悸

等です。

これらの症状は、暑さに対して、自分の体の機能が追い付いていない時に現れる症状です。

そして暑くなり、さらに身体が付いていけなくなった時に熱中症になってしまいます。

自分の体温調節機能<外の暑さ

このような時に不調が起きてきます。

では、対策はどうすれば良いでしょうか?

冷たい飲み物を飲みますか?

簡単にできるセルフケアは2個あります。

①肌に水をつける

②食事を良く噛む

です。

①の「肌に水を付ける」はとても簡単ですね。

手を洗った際に腕や首回りを濡らす、それだけです。

濡れタオルで肌をまんべんなく濡らすのも効果的です。

水分が蒸発する際の気化熱を利用する事で体温を下げて、

・汗をかく

・体温を下げる

ために使うエネルギーをお休みさせることが出来ます。

②の「食事を良く噛む」は、仕事や家庭の状況によってはハードルが高いかもしれませんが、方法自体はとても簡単です。

暑い時は、皮膚表面近くに血液を送る事で体温調節を行います。

胃に血液が集中すると、皮膚表面に行く血液が少なくなります。

そのため、暑い季節は極力消化に負担をかけないほうが良いのです。

食事を良く噛むことによって、消化の負担を少なくすることが出来ます。

食べ物にもよりますが、1口50噛みすればかなり負担を少なく出来るでしょう。

次回は、「簡単にできるけど、環境によってはハードルが高いセルフケア」についてお伝えします。

ちなみに、

冷たい飲み物を飲むのは、身体の不調にとっては逆効果です。

内臓が直接冷やされると、自律神経が働きづらくなります。

気温が高い時は、自律神経を効率よく働かせる必要があります。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP