温活の考え方~寒さ対策とお灸~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

気温が下がってきました。

身体を温める活動を、「温活(おんかつ)」と言うそうです。

様々な方法があり、当院でもその方その方に合わせて適切な方法をお伝えしています。

そこで今日は一つ、

冷えと温活とお灸について一筆したためます。

冷えに対して

お灸の一番の効果は、

「身体を温める機能が上がる」

です。

お灸は、

「温める機能が上がる」

であって、

「その場で温まる度合は決して高くはない」

という特徴があります。

コンスタントにお灸を行うことで、

「いつのまにか寒さに負けない身体になっていた!!」

というように、じわじわ効いてくるものです。

従って、

「今日は冷えたなぁ~ガーン」という日は、

まずは入浴して温めるのがオススメです。

冷えている時にお灸をしても、

実はあまり効果が高くありません。

お灸=元々ある機能を高める

そして、

冷えている状態=機能が低い状態

のため、

せっかくのお灸の効果も発揮できません。

寒い時はまずはお風呂に入って温めましょう!

その後に機能を高める為にお灸をすると良いですよニコニコ

鍋を食べて温まるのも良い季節になってきますねニコニコ

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP