ぎっくり腰・寝違えの予防には ~セルフケア~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

もうすぐ気候が温かくなる時期ですね。

ところで、春先になると毎年ぎっくり腰や寝違いを起こしてしまう・・・という方はいませんか?

春にそのような症状が起こるのは、その時の行動が悪いわけではなく、一年を通しての問題です。

一年の中でも、冬の寒い時期の生活が大きく影響します。

そこで今回は、春先に向けて気を付けるべき生活をお伝え致します。

大きく分けて

①睡眠を良く取る

②軽く筋肉を動かしておく

③暖め過ぎない

となります。

まずはなぜ春先にぎっくり腰や寝違えが起こりやすいかを説明致します。

春先は温かくなり、筋肉が動きやすくなる季節です。

しかし、身体が整っていないと筋肉が動く準備が出来ないために、「筋肉を動かしてはいけない」と身体が認識してしまいます。

そこで起こるのがぎっくり腰や寝違えです。

つまり、症状が起こった時に原因がある訳ではなく、それ以前の生活に原因がある事がほとんどです。

①睡眠を良く取る

というのは、前回のブログ(冬の睡眠時間・時間帯)でもお伝えしたように、冬はしっかりと身体を休めて、春以降の活動力が高まる季節に向けて養生する時期です。

冬に身体を休められないと、春以降にも疲れを引きづってしまいます。

②軽く筋肉を動かしておく

というのは、春に筋肉が動かしやすくなった時にいきなり筋肉が最大限働けるわけではありません。

筋肉には準備運動の段階が必要なので、冬の間に「軽く」動かしておきましょう。

冬は「軽く」動かすのがポイントです。

③暖め過ぎない

冬の間に甘い環境にさらされていると、春になって筋肉は動きづらくなってしまいます。

甘い環境とは例えば、

・一日中こたつの中に入っている

・Tシャツ一枚でも過ごせるくらい部屋を暖めている

・一日中ホカロンを貼っている

などです。

毎年春先に悩まされる方は、上記3点を意識してみると良いですよ。

 

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP