食べ物で気を付ける事 ~質と量~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

お盆休みを満喫された方も多いかと思ます。

食べ過ぎ、飲み過ぎはしませんでしたか?

こういう「休みの時」や「非日常的な時」というのは、

飲食を「楽しむ」という事に主眼を置いた方が良いので、

細かい事は気にしないに限ります。

ただし、身体には負担がかかりますので、

「日常」に戻ってから数日間いつもよりも

「少しだけ」摂生して

調整されると良いですよ。

今日の本題は、食べ物の「質」と「量」についてです。

ご自分に合った食べ物を中心に取り、

合わない食べ物は極力避ける、

という事は多くの方がされているかと思います。

ただし、ここで大事なのは、

・何事も適量が大事

ということと

・適「量」は人によって違う

ということです。

良い物を取る際、

「たくさん取ればとるだけ良いだろう!!!」「だからサプリメントはてんこ盛りで取る!」

と思われる方は意外に多いものです。

「質」と「量」が食べ物にはすごく大事で、

いくら質がその方にとって良いものでも、

量が多くなってしまうと結局は全部老廃物になってしまいます。

※老廃物に関して詳しくは

老廃物の溜まり方・無くし方について~当院の健康観~

老廃物について~当院の健康観~

をご覧ください。

食べ物に限らず、

例えば運動でもその人にとってオーバーワークだと疲労の蓄積が多くなりますし、

酒は百薬の長と言えども飲み過ぎると病気を招きます。

昔から「腹8分目」(場合によっては7分目、6分目)とは良く言ったものです。

そして、腹8分目とは言っても

Aさんにとってはご飯茶碗3杯分かもしれませんし、

Bさんにとっては茶碗半分かもしれません。

適量も画一的なものではなく、一人一人にとって相対的なものになります。

ではどの位が適量なのか?

それは診療する事によって分かります。

東洋医学の知恵で、

腹診(お腹を診る)、

脈診(脈を診る)、

舌診ぜっしん(舌を診る)

を行うことでその方その方の消化機能・負担の度合いを把握し、

日常の食事量を聞く事で適量を類推する事が出来ます。

「質」という点では、

自分に合った食材・合わない食材を知るために

「メタトロン」で判定出来ます。

→当院のメタトロンホームページhttps://hamadayama89.jp/metatron/

「量」と言う点では、

東洋医学の知恵を活用し、

東洋医学的な検査によって体質を知った上で把握できます。

食事は健康を作る上での絶対的な土台ですので、

客観的にご自分に合った食養生法を会得して頂きたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

食事・消化について詳しく知りたい場合は、

負担のかからない食べ方について約50分間語った音源をどうぞ

https://kenkou2020.thebase.in/items/13980625

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP