幼少期に突然起こる原因不明の痛み

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

鍼灸院で良くある親御さんから受ける質問

「うちの子が原因がないのに痛がるんです」

例えば、

「何か足を痛がって、引きずっている」とか

「ぶつけていないのに突然膝を痛がって歩けない」とか

「頭を痛がって良く手を当てている」

などなど。

私も小児はりで今まで子供の施術をしたり、

お母さんの付き添いで来るお子さんをたくさん見てきました。

原因が明確ではないのに起こる痛みはよ~~く経験してきました。

そこで良く観察されるのは、

物理的な痛みよりも、感情面から来る痛みが多い

という事です。

例えば、

・学校に行きたくない子供はお腹が痛くなって、休めると分かった瞬間に痛みがなくなる

ということは良く聞く話ですね。

「感情から来る痛み」の典型です。

もう一つ、鍼灸院でよ~~~く遭遇する例を。

・転んで、その時は一時的に泣くけど、その後は普通に歩ける

ただ・・・

数時間たったら突然「痛い!!」と言って歩けなくなる、びっこを引く

そのケース、結構多いです。

「整形外科に行って骨には問題ないと言われました」と来るケースが。

これもまた感情が影響している事が多いです。

ぶつけた事で痛いのなら、ずっと痛いはずです。

ただ、普通に歩けていたのが時間が経って急に歩けなくなるのは、

ぶつけた物理的なものが原因とは考えにくいです。

そして、歩けないから「抱っこ」と甘えてきて、

抱っこをしていたら痛みがなくなった!

という事が良くあります。

この事に関して詳しくは次のブログに繋げます。

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP