頭寒足熱①(腰から下を温めましょう!)

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

 

 

今回は、「頭寒足熱」についてお伝え致します。

「頭寒足熱」という言葉を聞いたことがありますか??

「ずかんそくねつ」と読みます。

頭は寒く、足は温かく、という意味です。

この事は、健康を維持する上でとても大切です。

 

足を触って、冷たく感じますか?温かく感じますか?

冷たく感じる場合は要注意です。

 

顔はほてっていませんか?赤ら顔ではありませんか?

首から上だけ良く汗をかきませんか?

上記に当てはまる場合は要注意です。

 

・足が冷える

・頭がのぼせる

という状態は、身体の機能をうまく使えません。

自分自身が持っている自律神経の機能が発揮されません。(自律神経について詳しくは、過去のブログをどうぞ)

 

足が冷えて、頭がのぼせている場合には、特に頭寒足熱を心がけると良いです。

今後、頭寒足熱を中心にお伝えしたいと思います。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP