頭寒足熱③ 足を冷やす要因②

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

 

 

「頭寒足熱」(ずかんそくねつ)の三回目になります。

足元は冷やしていませんか?

 

今回は、前回に引き続き「足を冷やす要因」についてお伝え致します。

前回は、足が直接冷える事について書きました。

今回は、間接的に冷える要因についてお伝えします。

 

足を冷やしていないのに、足が冷える。

足を温めるためには、温かい血液が送られる必要があります。

足は心臓から一番遠くにあります。

足まで行く途中に血液が冷やされる要因があると、シワ寄せが足の冷えとして現れます。

良くある要因としては、冷たい物を飲む!ということです。

気温が上がると冷たい物を飲みたくなりますよね。

冷たい物はおいしく感じるかもしれませんが、残念ながら直接内臓を冷やし、間接的に足を冷やします。

 

間接的に足が冷える要因は、冬よりも夏の方が圧倒的に多いです。

更に夏は、薄着に加えてエアコンが当たると・・・。

実は、夏の方が足元の冷えを根深くしている方は多いです。

 

次回は、頭がのぼせる要因について記します。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP