老廃物と食事② ~当院の健康観~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

今回も老廃物と消化について総論的にお伝えしたいと思います。

(前回のブログはこちら:https://hamadayama89.jp/blog/rouhaibutsutosyokuji1/

 

腹12分目だと多くの老廃物が溜まる、についてイメージが持てるように具体例を挙げたいと思います。

まずは、食べ過ぎると老廃物が溜まる事に加えて、

何と栄養素が取れなくなってしまうのです。

「たくさん食べるのに栄養素は取れないの?」

と疑問に思われるかもしれません。

よーく思い出してみましょう。

小さい頃に、たくさん食べ過ぎた際に吐いてしまった経験はありませんか?

これは、食べ過ぎると栄養素になるどころか、必要な分すら外に出してしまう、という現象です。

ほどほどの食事量ならば栄養素を効率よく吸収できるところが、垂れ流しになってしまう例です。

吐くまではいかなくても、同じような現象が体内では行われますので、適量を超えた分は排泄する方にエネルギーを使うため、栄養素を消化吸収出来なくなってしまいます。

人によっては食べ過ぎる事で吐きますし、人によっては食べ過ぎると下します。

下すのも、栄養素が吸収できていない結果として起こっている現象です。

つまり、良く言う腹8分目(場合によっては7分目、6分目)は栄養素の吸収と言った点からも有効です。

そしてもちろん、老廃物の観点からみると、

・栄養素がないと身体が良い仕事を出来ないため、老廃物処理機能もうまく使えない

・食べ過ぎるほどに当然老廃物が蓄積される

という事が言えます。

身体の使える機能には限界があります。

稼働率いっぱいいっぱいで働かせていたら、何か余計な仕事が入ってきた時に対応出来なくなるのと一緒です。

普段から稼働率8割位にする事で、今行っている仕事(消化・吸収)に全力を尽くす事が出来ます。

その結果として、身体の解毒代謝機能にも余裕を持って力を使える事に繋がります。

食事でも、

「過ぎたるは及ばざるがごとし」

と言えます。

食事と老廃物に関してはまだまだ続きます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
食事・消化について詳しく知りたい場合は、
負担のかからない食べ方について約50分間語った音源をどうぞ
https://kenkou2020.thebase.in/items/13980625
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP