老廃物と食事① ~当院の健康観~

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

先日は、老廃物の溜まり方・無くし方について当院の健康観に沿って総論的にお伝え致しました。

https://hamadayama89.jp/blog/hirounotamarikata-rouhaibutsu-kenkoukan/

今回は、老廃物の原因は何があるのか、について総論的に記したいと思います。

老廃物とは、「体内の物質代謝によって生じる代謝産物、あるいは飲食物が利用されたあと、体内に不要となった物」とされています。

簡単に当院が考える定義と照らし合わせてまとめると、

「身体の外から入ってきて、身体にとって良くないもの」

「身体の外に排泄されずに体内に悪影響を起こしているもの」

としたいと思います。

別の言葉にすると、「毒」と言っても良いかもしれません。

毒には色々とあります。

数限りなくあります。

そこで、その中でも健康に影響を与えやすいもの、普段鍼灸施術をしていて「これは影響している事が多いな」と感じる物を記したいと思います。

まずは食べ物。

食べ物の中にも老廃物の要因になる物は色々とあります。

何よりも大切なのは、量です。

前述のように、老廃物の定義に「飲食物が利用されたあと、体内に不要となった物」とあります。

つまり、食べ物の大前提として「自分で消化しきれなかったものは老廃物になる」と言えます。

自分自身の消化機能以上に食べてしまう(=つまり「お腹いっぱいになるまで」食べてしまう)という事は老廃物を作る行為になります。

腹十二分目だと更に多くの老廃物が溜まっていきます。

昔から「健康の秘訣は腹8分目」(場合によっては7分目、6分目)と言われるのは、老廃物の観点からも当てはまりますね。

先日書いたブログ~質と量~とも重なる所がありますが。

https://hamadayama89.jp/blog/tabemono-shitsutoryou/

今日はここまで。

食事と老廃物に関してはまだまだ続きます。

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP