夏こそ威力を発揮する健康方法 頭寒足熱① 私の実践健康法

こんにちは、杉並区浜田山のなんば鍼灸院整骨院、院長の南波です。

数あるブログの中から、本ブログを読んで頂き感謝致します!

暑い日が続いています、

こんな時に気を付けるべきは、

夏の冷え!!

です。

夏の冷えに関しては以前のブログ

「夏こそ冷える!!」全5回を見て頂きたいと思います。

夏こそ冷える!! ~対策は今の内から~

冷飲、注意! ~冷たい物をとめどなく飲みたくなっていませんか?~

夏こそ冷える!!② クーラーで冷える!

夏こそ冷える!!③ 薄着で冷える!①~足が冷える~

夏こそ冷える!!③ 薄着で冷える!②~肌の機能が下がる~

 

私は一日中診療をしているので、常に冷房に当たっています。

また、寝る時は娘がいるのでこれまた冷房に当たっています。

今回は、私南波が実践している夏の健康法

「頭寒足熱」の方法をお伝えします。

まずは常に行っている簡単な方法として、

①ズボン下

②靴下重ね履き

です。

①ズボン下はこだわって、

シルク&ウール製。

②靴下は、

1枚目には当院でおなじみのCSソックス着用(足の専門家齋藤先生執筆のブログ「CSソックスとは」

2枚目3枚目には「冷え取り靴下」(絹→綿→絹→綿を重ねて履く靴下)着用

を行っています。

「暑くないの??」と良く聞かれますが、

暑くないんです。

特にズボン下は吸汗・速乾性に優れていて心地が良いくらいです。

ズボン下なしではズボンは履けない、というくらい心地が良いです。

ちなみに、冷房に当たる時間が長い場合に行っている方法です。

冷房に当たらない場合は行っていません!

(妻子が実家に帰っている時はエアコンを入れないため、家では超薄着です)

「頭寒足熱について」全5回は以前のブログをどうぞ。

頭寒足熱①(腰から下を温めましょう!)

頭寒足熱② 足が冷える要因①

頭寒足熱③ 足を冷やす要因②

頭寒足熱④ 頭がのぼせる要因①

頭寒足熱⑤ 頭がのぼせる要因②

健康の「考え方」をお伝えするメルマガ登録はこちらからどうぞ

なんば鍼灸院整骨院、自ら健康を選択出来るようになるメルマガ

03-6304-6209
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP